MENU

自分に合った英語学習

 

自分に合った英語学習というのはどんな英語学習なのでしょうか。英語学習の教材を選ぶことも大変なのですが、いかに英語学習に負荷をかけて毎日学習するのかということも実は成功の秘訣といわれています。英語学習の寮を増やせば英語力はアップしていきますが、突然英語学習の量を増やすと、やる気がなくなりますし、体調も崩してしまうかもしれません。ということは少しずつ英語学習の負荷を増やしていき、少しずつレベルアップが出来ればいいですよね。スポーツにたとえてみると、スポーツ選手が無理をしてトレーニングをしたせいでけがをして試合に出れなくなったということがあるといわれていますが英語学習もこれとよく似ているのです。突然英語の学習量を増やせば英語の勉強が嫌になって英語の学習自体を続けることが出来なくなってしまいます。では英語の学習を長く続けようと思えばどうすればいいのでしょうか。英語の学習を成功させたいと思っているのであれば、少しずつ学習の量を増やしていきましょう。突然増やすと先ほども紹介したように英語の学習自体が嫌になってしまいますから、少しずつ増やしていくようにすればいいのです。少しずつ量を増やしていってこなしていければまた少しずつ増やす。この方法で英語の学習をしていくと自分にぴったりと合ったペースで無理のない英語学習を身につけることが出来ると思います。

 

英語教材を選ぶとき、もしも選んだ英語教材が自分にとってはすらすらとわかってしまって簡単だったと思う人もいると思います。そんなときには迷わず英語教材を変えることをお勧めします。簡単な英語教材をいつまでも使っていても英語力をアップさせることはできません。英語教材を選ぶ際には少し難しいかなと思うくらいの教材を選ぶのがちょうどいいといわれています。少し難しいくらいで一生懸命勉強しながらクリアしていくということが一番なのです。英語教材を選ぶ際も英語の学習量を決める際も、とにかく自分に合った方法で選ぶというのが一番です。継続できる量、継続できる難易度、それが一番大切なことです。最初から量を増やし過ぎてもいけませんし、最初から難易度を難しくしてもいけません。よく考えたうえで適度な負荷のかかっている英語学習を続けるということが一番英語が身によくつく方法だといえるのではないでしょうか。無理は禁物ですし、自分の進められる量で英語学習をするのが一番の方法です。

 

 

現在の英語学習法

 

日本人の英語学習法は間違っていると数年前から言われているのですがそれは周知の事実です。それなのにまだ英語学習法は改善されていませんよね。あなたも英語学習法が間違っていたと身をもって経験した人の一人ではないですか?中学高校短大私も8年間英語を勉強してきました。8年も普通勉強していれば英語が少しはペラペラと話せるようになっていてもいいようなものですが、勉強していた割に片言しか話せません。これはほとんどの日本国民が感じていると思います。時間だけかけて一生懸命知識を頭に入れたのに、実際にこの英語学習は役に立たなかったと口をそろえて言う人が多いのが現状です。なぜこのようなことになってしまったのでしょうか。日本の英語学習というのは、英語を学習したのちのゴールが実践で役に立つということではなかったということが一つ目の理由としてあげられます。知識や頭で理解できても、実際に英語を使えなければ意味がないのに、実際にゴールは知識を頭に入れて終わりだったのです。その先の実践には力を入れていなかったのが現状です。そして英語を実践で使うためのプログラムは日本にはありませんでしたし、英語の勉強をするための人数にしては1クラスの人数が多いということも原因としてあげられます。

 

そしてネイティブスピーカーを講師として雇っている学校ならまだしも、日本人教師の英語の力もそれほど高いものではなかったということも、英語学習が身についていない原因ではないでしょうか。現在の日本の英語学習はまだまだ学生に英語が身につかないことのあせりが感じられないとも言われていますから、もっと学生たちも努力が必要なのです。このように、現在の日本の英語学習の現状は間違いだらけであるといわれ続けて、もう何年もかかっています。日本人の英語力をもっと向上させなければいけないということで英語を小学生から始める教育方針になりましたが、結局は3年伸びただけにすぎず、同じ学習方法では英語力を身につけるということは難しいでしょう。日本の英語学習が役に立たないといわれているのですが、それは日本の英語学習の方針も間違っていますし、教える側も間違っていますし、英語を勉強する側の意識も薄いのが原因ですからこの三つの悪循環を何とかして改善していかない限りは、英語学習を今以上にレベルアップさせて日本人が英語をペラペラ話すことが出来るようになるという時代は決して訪れません。

 

 

英語が聞き取れない理由

英語がなかなか耳に入ってこないで聞きとれないという人も多いのではないでしょうか。英語が苦手な人の多くがヒアリングつまり、聞き取りが苦手だという人が多いのです。なぜ英語の聞き取りが苦手なのでしょうか。その理由としては、いろいろなことが考えられます。まず一つ目の理由としては、英語の単語を覚える際にきちんと正しい発音で覚えられていないことが原因の一つに考えられます。そして英語の聞き取りが出来ないという人の原因としては、ネイティブの人の話す速度が速すぎて聞き取れないということもあります。確かに練習やレッスンでは英語を聞きとれていたのに、いざ、ネイティブの人と話をしてみようと思うとネイティブの人の話す速度が速すぎるということはよくあることです。ネイティブの人の発音というのは予想以上に速いかもしれませんからレッスンでできていると思っていても、意外とそのスピードに驚く人は多いのです。そして英語の聞き取りが上手にできないことの理由としては、単語をあまり知らないということも一つの理由としてあげられます。ボキャブラリーがたくさんあればそれだけ英語の聞き取りもスムーズにいくのですが、今何を言ったのかさっぱり聞きとれなかったということもよくあります。これはボキャブラリーが少ないことが原因です。

 

そして英語のリダクションに不慣れであるということも英語のリスニング、聞き取りが徐達志ないことの原因です。これらのことを考えたうえで英語の聞き取りレッスンをしてみるというのが一番の方法ではありますが、英語の聞き取りレッスンをしてみる際に、やはりネイティブスピーカーの速度になれるということが櫃おようになってくると思います。ネイティブスピーカーの発音になれるということは、映画を英語で見たり、ニュースを英語で見るなどの努力が必要です。そして単語を覚えるときには正しい単語で覚えましょう。日本語読みをした単語で覚えても、それはまったく意味がありません。ですから正しい単語で覚えるように努力します。そして英語が聞き取れない理由というのは、音が聞き取れないということもありますが、実際には背景がよく理解できていないということもあります。この人が今どんな背景で話をしているのかそれを考えたうえで話を聞いていくと今よりもっと英語の聞き取りがスムーズにできるようになるのではないでしょうか。英語の聞き取りというのは思っている以上にレッスンを重ねれば上達するものです。